気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

手間を惜しめ!ホットケーキミックスはやっぱり便利だった

継続のために大事なこと。それは、手間をかけすぎないということだ。
健康のためとか、節約のためとか、どんな大義名分があったとしても、手間のかかることは長続きしない。それが、大好きなことでなければなおさらだ。

効果の高いことを続けられずに途中であきらめてしまうか、効果が低いことでもずっとやり続けるか。
最終的に結果が残るのは後者のはずだ。
私が最近それを実感したのは、ホットケーキミックスを通してだった。



ホットケーキミックスを買った。
さっそく作ったのはバナナブレッド。

バナナブレッド
冷ましている途中


こちらのレシピを参考にした。
asajikan.jp



とはいえ、バナナは1本しかないし(レシピでは2本)、ヨーグルトはないし(牛乳を使った)クルミはないし(あきらめた)、適当極まりないものだ。

適当だけど、おいしかった。
ふかふかの生地、口に残るおだやかなバナナの甘み。
シナモンをこれでもか!とかけたら、うまみ増幅。
適当でもこれだけの味なのだから、レシピ通りきっちり作ったらさぞやおいしかったことだろう。



適当でもおいしかった理由の1つが市販のホットケーキミックスであることは間違いない。

ホットケーキミックスを買ったのは何年ぶりだろう。
かつて、なにかの思想にかぶれた私は、ベーキングパウダー(しかもアルミ無使用の)を購入した。
「ホットケーキミックスを買わなくたって、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜればいいじゃない!自分で混ぜれば糖分オフもできるし!」

その数か月後。案の定、私は菓子作りをしなくなった。粉を混ぜるのが面倒だったのだ。

継続のために大事なこと。
それは、なんでも自分でやろうとしすぎないことだ。
適宜、他人の力を借りる。アドバイスを求めたり、出来合いの品を買ったり。

ホットケーキミックスは半分残っている。
さあ、次は何を作ろうか。

©2018 気楽生活研究所(仮)