気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

その必需品、本当に今の必需品ですか?

今週のお題「カバンの中身」

f:id:akipopo:20180424012823j

女のカバンは、概して小さいものだ。

そりゃあ、大きいカバンも売ってはいる。
ただし、大きすぎるのだ。
売っているのは、「これは飾りか?」みたいな小さいカバンか、「雑誌と500mLペットボトルと化粧ポーチが余裕で入ります」みたいな大きなカバン。

その間のサイズは、なぜかスポーティなデザインのものが多い。
「このバッグ、使い勝手よさそうだな。でもデザインが服に合わないし……」
と、諦めた回数は両手両足でも数えきれない。



前置きが長くなってしまった。
とにかく、必需品をどうやって持ち歩くかは、死活問題である。
なにしろ女物の服には、男物と違って実用的なポケットがほぼ無いのである。



私の外出時の必需品は

  • 二つ折り財布
  • 免許証(財布と同時に落とすと嫌なのでカード入れを使っている)
  • 車の鍵(THE・車社会)
  • 家の鍵

……と、ここで気が付いた。
家の鍵、キーホルダーに4つ付いているけど、

そのうち3つが実家の鍵だ。
しかも、1つは今はもう無い学習机の鍵だ。

私はキーホルダーからアパートの鍵だけを取り外し、持て余していた柴又土産のお守りを付けた。
普段はこの鍵だけ持ち歩くことにする。
これで、暗い玄関先で「あれ?家の鍵、どれだ?」とやらなくて済むわけだ。



今回はお題に乗っかって記事を書いたおかげで、自分の荷物の無駄に気が付くことができた。
ちょっとした改善を続けながら生きていきたい。

少しでも身軽に、少しでも気楽に。

©2018 気楽生活研究所(仮)