気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

朝食は食べるべき。便秘になりがちな私の最適解

食事は健康に直結する。
何を食べるのか。いつ食べるのか。話題には事欠かない。
1日に何回食事をするのか。これについても多くの人が語っている。

体質によって、また、生活リズムによって正解は違う。
ただ、「今の私にとっての」正解が見つかった。

私の場合は
・午前の家事を終えた10時頃、シリアルを腹7分目
・13時頃、昼食
・夕方、仕事前のおやつ
・22時半か23時頃、軽めの夕食

以上が、現状のベストごはんタイムである。

1回に食べられる量が少ないので、食べる回数を減らすと便秘まっしぐらだとわかった。
特に朝食を完全に抜くとよろしくない。



私は仕事柄、夕食を食べる時間が遅い。23時を過ぎることも珍しくない。
朝に弱いうえに胃が丈夫じゃない私は、胃を休めようとして朝食を抜き、昼食を少し早めにとっていた。

そして私は、慢性的な便秘になった。

たまたま早く目が覚めた日。
洗濯物を干した後、なんとなく小腹がすいて、仕事前のおやつとして買ってあったコーンフレークを食べた。

「あれ?自分、意外と朝も食べられるんじゃないの?」

そう、朝に弱いから起きた直後には食べられないが、起きてしばらくすれば食べられるのだ。
ちょっと食べるだけのつもりが、おかわりまでしていた。

私の便秘は改善された。

朝食はシリアルがよい。
・食物繊維が多い
・量の調節が簡単
・同時に牛乳もとれる

オールブランが一番いいのだけど、特売の状況によってフルグラになったり、シスコーンになったりする。

当面の朝食の課題は
・オールブランを安く手に入れる方法の確立
である。健康のために、善処、善処。

©2018 気楽生活研究所(仮)