気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

「内向型を強みにする」豆腐メンタルに効く1冊

2018.5.25
last update 2018.9.30

豆腐メンタルの皆様、自己啓発本って好きですか?
好きならそれでいいんです。どんどん啓発されちゃってください。
ただ、豆腐メンタルで自己啓発好きって、そんなにいないと思います。



正直、自己啓発本を読むのって疲れません?
自己啓発本は自分を変えるためのもの。そんなエネルギーが、豆腐のようなメンタルのどこに残ってるって言うんでしょう?
悩みを解決するために読んでるのに、内容を実践できない自分にさらに悩みを深めてしまう。さあ、悪循環のはじまりだ!



まず、今の弱い自分のままで少しでも楽になりたい。
そんな豆腐メンタルの仲間たちに是非読んでいただきたい一冊がこちら。
「内向型を強みにする」

KindleUnlimitedでも読めますよ。(2018年9月現在)
【Kindle Unlimitedに登録】初回30日間無料

内向型人間とは

この本では、人間を2つのタイプに分けています。
・楽天的で活発な「外向型人間」
・にぎやかさが苦手な「内向型人間」

内向型人間はだいたい4人に1人の割合。
少数派ではあるけれど、意外と多いかも。なんだかちょっと安心しちゃいません?

内向的な自分を認めよう

会話やちょっとした外出でも日々消耗してしまう「内向型人間」。
みんなにできていることがなぜ自分にはできないのか。自問自答でさらに消耗。

友人、夫婦、親子、職場……。様々な人間関係の中で無理なく生き延びるため。自分の能力を最大限に活かすため。必要なものは何なのか。

あなたには、エネルギッシュな体もなければ、気の利いた受け答えの才もない。それでも平気だというふりをしていれば、あなたはひそかにいらだったり(自らを責めたり)、自分には深刻な欠陥があるのだと思いこんだりしかねない。また、自分が変わることを期待しつづける恐れもある。

自分の「残念さ」を素直に認めることが、自分を活かすための第一歩なのです。
自分のメンタルの特性を理解し、認めること。その上で自分の心身をしっかりコントロールすること。

内向的であることへの羞恥心が消えたとき、そのことがいかに大きな効果をもたらすか

あなたは、自分のことを認めていますか?
私は、まだまだぜんぜんダメです。


この本は結構長いので、自分の悩みに沿った部分だけ拾い読みしてもいいでしょう。
また、身近な内向型人間との付き合いに悩んでいる外向型人間に向けて書かれた部分もあります。


私が納得したのはこの話。
「内向型人間は、お腹が空きすぎるとダメになる」
急にエネルギーが切れて動けなくなってしまう。
心当たり、ありません?
あるのなら、ぜひこの本を読んでみてください。
他にもいろいろ、腑に落ちる話があるはずです。

©2018 気楽生活研究所(仮)