気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

神秘的な空間!宇都宮・大谷資料館

f:id:akipopo:20181102144201j

北関東最大の都市、栃木県宇都宮。
茨城から北関東道経由で日光・鬼怒川方面に行こうとすると必ず通ることになります。

私の今回の目的地は鬼怒川。宇都宮は昼飯の餃子のついでにさらっと見ようぜ。くらいのはずだったのですが……

大谷資料館が思いのほか楽しすぎた!
外は景勝、中はどこからどう見ても本格ダンジョン!
素人がスマホカメラで適当に撮ってもかっこいい!これがインスタ映えってやつなのか?(よくわかってない)

市街地から大谷資料館へ

宇都宮上三川インターチェンジから市街地を抜けていきます。
時刻は11時過ぎ。餃子の正嗣(たぶん駒生店)の行列を横目に大谷方面へ。
だんだん田舎っぽい風景に変わってきます。

f:id:akipopo:20181102144215j

道中には石造りの蔵や門がたくさん。
まず見えてくるのは大谷寺の駐車場。資料館はもう少し奥です。
今回は時間がなく資料館しか見なかったけれど、次回は石仏も見たいなあ。

自家用車は門の前の大駐車場に。駐車料金は無料です。
資料館の建物の前の駐車場は観光バス用です。
門を入って2、3分。道の両側の岩を眺めながら歩けば資料館に。

f:id:akipopo:20181102144158j
f:id:akipopo:20181102144152j

電車の場合

JRでも東武でも、駅からバスで行けます。
1時間に2、3本。
JR宇都宮駅から約30分、東武宇都宮駅からは約20分かかります。

大谷資料館

入って正面のカウンターで入場料を払います。
このカウンターでもお土産が売られていますが、併設ショップとはラインナップが異なります。
中は小さな展示室と大きな採石場跡地。
展示室には、大谷石の歴史や昔の道具が展示されています。

そして採石場へ。薄暗く狭い階段を降りていきます。
混んでいたので写真はありませんが、冒険気分を高めてくれました。

階段を降りるとこんな感じ!

f:id:akipopo:20181102144213j
f:id:akipopo:20181102144207j
f:id:akipopo:20181102144220j

壁に残る機械掘りの跡。

f:id:akipopo:20181102144210j

全体をゆっくり歩いて1時間くらいでしょうか。
中はかなり涼しいので、夏に行くなら上着必須です。

入場料・時間

入場料
大人   800円
小中学生 400円
未就学児 無料
営業時間
4月~11月 9:00〜17:00 無休
12月~3月 9:30〜16:30 火曜日・年末年始は休館
最終入場は閉館30分前
TEL  028-652-1232

併設ショップ ROCKSIDE MARKET

雑貨コーナーとカフェがあります。
売られているのは、おしゃれな大谷石の雑貨と、地元の作家さんの益子焼やアクセサリーなどの作品。
カフェでは、栃木県産そば粉のガレットやジェラートなどがいただけます。
これもインスタ映えってやつなのか?(よくわかってない)

空気感をぜひ生で

テレビで見て以来、ずっと行きたかった大谷資料館。行ってみたら予想以上の楽しさでした!
あのひんやりした空気、天井の高さは実際に入ってみないとわかりません。
全力でおすすめできるスポットです。

©2018 気楽生活研究所(仮)