気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

月兎印スリムポット0.7L ハンドドリップ初心者が使ってみました

月兎印スリムポット0.7Lを購入しました。

レトロな見た目がなんとも愛らしいホーローのポットです。先が細いのでコーヒーのハンドドリップにうってつけ。容量は0.7Lと1.2Lの2種類あります。今回私が買った0.7Lは、マグカップ2杯分のコーヒーを淹れるのにちょうどいいサイズです。

結論:買ってよかった

購入理由

可愛い
以上。

コーヒー初心者なので、ドリップポットの細かい性能はわかりません。ある程度評判が良い物の中から、見た目で選ぶことにしました。
初心者なので、道具のビジュアルによるテンション上昇は重要です。

カリタのペリカンポットも可愛い。

スリムポットのクチコミを見ると、2つのデメリットが多く書かれていました。
・底面が小さく、ガスコンロの五徳にうまく乗らない
・コンロでお湯を沸かすとフタと持ち手が熱くなる
私は直火では使わず電気ケトルで沸かしたお湯を移し替えるつもりだったので、これらのデメリットは特に気にしませんでした。

直火で使う場合、上記のデメリットは
・五徳の上に餅焼き網を乗せ、その上にポットを乗せる
・毎回ミトンを使う
・熱くなる部分に布を巻く
などの方法で対処できます。

説明書ではIH非対応となっています。

開封

f:id:akipopo:20181216010416j

豊富なカラーバリエーションの中から、シンプルな白を購入しました。
どの色のポットも内側は紺色。耐久性の高い耐熱水性釉薬仕上げです。(説明書の受け売り)

f:id:akipopo:20181216010410j

側面には月兎印のシール。はがしやすいように端が少し浮いていました。
はがしたシールは可愛くて捨てられないので、とりあえずスマホケースに貼っています。

ドリップしてみよう

電気ケトルで沸かしたお湯を500mLほど入れます。この使い方だとポットの胴体部分は熱くなりますが、持ち手やフタの温度は熱めの風呂くらいです。
静かに傾けると、細い口からとろとろとお湯が流れだします。お湯の量は傾きで微調整できます。
ポット自体の重みがあるので、手ブレはあまりしません。
お湯の量が少なくなりポットを傾けると、フタがぐらつきます。はじめは手でフタを押さえていましたが、押さえるのが面倒になってきたのでドリップする時はフタを外しています。

取り扱いの注意点

ホーロー製品の取り扱いの注意はいろいろあります。
ホーロー鍋取り扱い6つの注意点 やってはいけないことは? - 気楽生活研究所(仮)

お湯専用のポットとしては以下の3つに注意してください。
・使用後は毎回中をしっかり乾かすこと
・落とさない
・洗う時は柔らかいスポンジで

特に乾燥は、ステンレスなどのやかんではわざわざやらないでしょうから忘れないようにしてください。
とはいっても、難しいことはありません。お湯が冷める前にきっちり捨て、フタをせずにしばらく放置すれば大丈夫です。

結論:買ってよかった

しばらくの間、計量カップとガラス急須という貧弱な装備でコーヒーをドリップしてきました。
www.akipopo.com

ドリップポットはもっと早く買っておけばよかった!貧弱装備の時よりはるかに味が安定します。
ドリップするなら初めから買え、とは言わない。けど、普通のやかんとかで何回か淹れて、これからもドリップしてみたいと思ったなら、なるべく早く買うべき。
月兎印スリムポットは見た目もいいので、ドリップする時はもちろん、他の作業中にふと目に入った時もテンションが上がります。
今年最後の買ってよかったで賞です。

©2018 気楽生活研究所(仮)