気楽生活研究所(仮)

豆腐メンタルでも、なるべく気楽に生きていこう

お年玉 親に預けて どうなった

子供の頃に貰ったお年玉の行方を思い出せない。
こんにちは、あきぽぽです。
皆様はいかがでしょう。ちゃんと覚えてますか?


我が家では、
「半分は私のもの、もう半分は母に回収され、私名義の口座に預金」
となっていた気がします。
回収された分はおそらく大学生時代の生活費になったのでしょうが、定かではありません。
これが企業なら大問題です。多額の使途不明金が発生しているのですから。

今になってこんなことを思ったのは、私が親元を離れたからだと思います。
それに加えて、自分もお年玉をあげてもおかしくない年齢になった、ツイッターを再開して最初の正月で、多数のお年玉ネタを目にした、ということもあります。


ああ、母さん。私のお年玉、いったい何処に行ったのでしょうね。
学生時代の生活費でも、それより前の教育費でも、たとえ食費でも。
私の名前でいただいたお金が何に使われたのか、教えてほしかった……

今更何を言ってるんだ、自分は。

いつか私が母親になって、子供のお年玉を預かることがあれば、使い道はきちんと伝えよう。
それがきっと双方のためになる。

そう考えるあきぽぽなのです。

©2018 気楽生活研究所(仮)